【婚活】婚活をして結婚した話

婚活経験記
スポンサーリンク

私は26歳頃から婚活をはじめ、やっとこさ30歳半ばにて結婚しました。

上手く行くことの方が少ないという状況の中、年数はかかりましたが自分なりに活動を諦めないでよかったと心から思っています。

これから私が経験してきたことを書きとめて行くつもりですが、今日はざっくりと諦めなくてよかったという思いを書き出していきます。

今婚活に悩んでいる人、婚活で結婚した人と何か少しでも共有・共感できたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

婚活してよかったこと 諦めなくてよかったこと

結婚したということも大切なのですが、それ以上に「自分と一緒になろう」と思ってくれた人と出会えたことが何よりも宝物になりました。

まただめだ…また上手くいかなかった…もう結婚できないのかも…また、また…

そんな風に思うことも沢山ありました。

そこまで辛い気持ちになってまでも、なぜ活動を辞めなかったのか…

簡単に言うと、私は世界で一番の味方がほしかったのです。

お相手や結婚に対する希望やイメージはあったにしろ、最後に頭にいつも浮かぶのはそれ。

楽しい時も、辛い時も、自分の味方でいてくれる人

私もその人の味方になる

そんな気持ちや憧れを諦められませんでした。

だから婚活を自分なりに続けれました。

 

 

もやもやする時は考えや気持ちを書き出すといいかも?

 

もし、婚活をしたいと考えている人

婚活はしているけれど、結婚したいか分からなくなってきた人

自分の考えや気持ちをリストにして書き出すと、自分が結婚やパートナーに何を求めているのか、ちょっと冷静に見ることができるかもしれません。

私の場合は、とにかく勢いで活動をするはいいものの、気持ちの整理や確認が自分でも全然出来ていなかったのです…。

途中で気付いて、時折、ノートに気持ちの整理の為に、感じていること、考えていることを箇条書きに書き出していました。これ、なぜ自分は結婚に対してそう考えるのか?を紐解くというか、一歩引いた目線で自分をみれるので、もやもや~っとしてる人は一度試してみてください。

 

 

 

 

 

私が婚活をした理由と諦めなかった理由 

  1. 一人暮らしが寂しい、不安だったから
  2. 親や兄弟とは違う、自分の家族やパートナーがほしかったから
  3. 人から愛されたかった

 

それではひとつずつ…

 

・一人暮らしが寂しい、不安だったから

私は一人暮らしが結構長く、10数年はしていました。

一人暮らしは、何をやるにも自分の責任が伴いますし、生活費もかかります。けれども、自立して自分の自由に生活できるのが何より楽で楽しい。

しかし長年一人暮らしをして独身でいた私は、「自分の為だけには頑張れそうにない…ひとりは飽きた。」という孤独な気持ちが年々沸いてきました。もう自分だけの人生に飽きたと。
自分がいることで誰かが、気がほぐれたり癒されたり出来たらいいなと思うようになりました。

あとは単純に、一人より二人だと助け合えるからですね。一人暮らしの大変さ、大人の大変さは少しずつ見聞きしてきたので。

 

 

・親や兄弟とは違う、自分の家族やパートナーがほしかったから

これもシンプルで、「自分の一番の味方になってくれる人」がほしかったからですね。

親兄弟がいても、別々に暮らしたり家庭を持っていると、当たり前ですが「自分の家族」が一番優先になりますよね。私は元々家族とも親密には接してこなかったのもあり、大事にしてくれる人がいてくれたらいいなと考えていました。

 

・人から愛されたかった

恋愛もあまりしてこなかった人生を送ってきて、自分も人と想い合える関係というのに憧れがありました。自分は誰にも愛されない、必要とされていないのかな…という気持ちも。大切にし合えるパートナーと出会い、温かな関係を築ける自分にもなりたいと思っていました。

 

結果的に結婚できたけど、全てはタイミングが一番か

なんだかんだ書いてきましたが、結局はご縁は全てタイミングなのだろうなぁと思います。

何せ、お相手がいることなので…。お相手も一人の立派な大人で、色んな価値観や環境の中で生活しています。自分の希望を全部叶えてくれるとか、何も口出さないとか、麗しい白馬の王子様はやっぱりいないんです。多分ね。

それよりは、お互いの今までの人生や経験を受け入れられる関係になると、長く一緒にいれるのだろうと今感じています。

 

まずは自分の気持ちを知るところが、私にとってターニングポイントでした。

きっと、人それぞれに何かタイミングというものがあって、今はまだそれに出会っていないだけのように思えてならないのです。出会えるまで苦労するかもしれません。案外パッと出会えるかもしれません。その時までご自分を労わって優しくしてあげてほしいです。自分のタイミングが来る時に、ちょっと柔らかい気持ちでお相手と一緒に過ごされることを、影ながら経験者として心より願っています。

 

 

コメント

  1. まき より:

    すごい、自分とこんなに向き合ってたんだなぁ。
    こうして言葉にして伝えるの、おもしろいね!

タイトルとURLをコピーしました