【婚活】私が辛かったこと5選

婚活経験記
スポンサーリンク

こんにちは、ぽんです。

私は30代で婚活を経て結婚しましたが、20代後半から5年以上も活動していました。

長かったなぁ…と自分でも思います。休んだり頑張ったり、活動の量にはかなり波がありましたが、なんとか頑張って結婚しました。

そんな婚活歴の中で、これは辛かったなぁ…と思うことを5選、ピックアップしました。

今、婚活を頑張ってらっしゃる方、婚活をされていた方には、もしかしたら共感していただけるところがあるかも?

 

 

 

 

スポンサーリンク

費用が辛かった…

活動にかかる出費が辛かったです。

 

結婚相談所に2回、入会したことがある為、数十万は使いました。

結婚相談所は、入会金+月会費が基本的にかかり、会員同士で結婚が決まると成婚

料もかかります。(成婚料の有無は相談所により変わります)

最初の相談所では…入会金約5万円 + 月会費1.5万円 × 10ヶ月の活動期間。

2回目の相談所は…入会金約7万円 + 月会費1.1万円 × 5ヶ月の活動期間 + 休会費月500円8ヶ月分。

合計…約32万円也!

入会費がお得な時期に入ったので、まだマシな方だと思います。私は所得が少ない方でしたが、相談所に入会した時期はちょうどボーナスの時期だったので、思い切って入会できました。毎月の月会費が辛かったですね。その分貯金が出来ませんでした。

 

他にも、婚活パーティー代、婚活アプリ代、お見合いの際のお茶代やデート代。ちりも積もれば山となる…でしょうか。

婚活をせず(費用かからず)、出会い結婚された人が正直羨ましい気持ちでした。

でも、私は出会いが普段の生活では無かったので、費用をかけて婚活をしなくてはいけませんでした。行動しなかったら今は無いので後悔はしていません。

 

家庭環境の違いを話すと…

私の両親は離婚していまして、私には帰る実家がありませんでした。

婚活していると、もちろん家族の話題も出てきます。一人暮らしの男性も、長期休暇の日には実家に帰ったり。実家暮らしの方もいたり。

私が「親が離婚している」と話すと、相手が困って黙ってしまったことがありまして…。その方は家族親戚が仲が良いそうで、その話の後に私のターンになり話すと、相手は無言になってしまいました。

婚活を辞めてしまいたいと思うことなんてザラにありましたが、この時は本当に辞めてしまいたかったです。育った環境や両親のことは、私にはどうにも出来ないので…。

 

知らない人と会話するのがしんどい

婚活での出会いで良い所と辛い所は…

◎普段出会えない人と出会えて楽しいこともある

△全くの他人に毎回自己紹介して腹の探りあいがしんどい

毎回、新しく出会う知らない人と会話するのが時折しんどかったです。ずっと営業モードというか接客モードというか。経験を重ねるごとに肝がすわってきましたが、慣れるまでは本当に疲れていました。お互い機嫌よく会話できたと思ったら、お誘いが無かったり振られたりしていました。

 

 

良い人なのに好きになれないこと

婚活で出合った人が…

○良い人そう

○断る理由が今のところハッキリない

…でももうデートしたくない、気が重い

婚活されている方で、そう思った方はいらっしゃいますか?私はそう思っていました。

「良い人だし私に興味を持ってくれているのに、なぜ前向きに進んでいけないのだろう?」と、悩むことがありました。相手から好意を感じると逃げたくなるんです。

それは「蛙化現象」という心理的なものに近いと、今は思います。

そういった思考になりやすいのは、自己肯定感が低くかったり、恋愛経験が少ないといった要素が関わってきます。

ゼクシィでも蛙化現象について記事がありました。↓

【蛙化現象とは?】起こりがちな人&克服方法を知り、恋愛を楽しむコツ
意味不明……!な「蛙化現象」。恋愛で多くの男女が悩む事実があります。本記事では蛙化現象の意味や由来を解説。どういったタイプに蛙化現象が起こりがちなのか? 克服方法もいくつか紹介しているので、前向きに恋愛を楽しむための参考にしてみて。

私の場合は、第一印象でお相手に興味を持てれば、デートも何回でも苦にならなかったです。ただ、そのケースは婚活人生でたった3回くらいでした。夫はその内の一人でした。恐らく100人以上は婚活の場で出会ったりお喋りしたはずですが…。結構低い確率です。でも、諦めたら終わりだったので、出会う数をゼロにしないように頑張りました。

 

 

結果が出ず終わりが見えない

何回婚活パーティーに行っても、何回お見合いしても、婚活アプリでやりとりをしても。そう簡単にお付き合いにいたる出会いがありませんでした。メッセージでやりとりしていても、突然返事が来なくなったり、こちらが嫌になってお断りしたり。

私が美人で裕福な女性であれば、もっと活動がスムーズだったのだろうかと何回も思いました。自分のコンプレックスを責めました。

 

私の場合は、自己否定や自己肯定感が低かったんです。それに気づいてからは、辛い状況になったとしても「自分は今辛いのだな、疲れているんだな」と少し客観的に受け止められるようになりました。

また、35歳になるまでは婚活を頑張って、もし結果が出なかったら一旦活動を辞めて転職活動に励もうと考えていました。期限を区切ると、終わりがないように見える活動に目標が出て動きやすかったです。

 

 

 

さいごに 人それぞれ!自分を大切に

婚活は費用面でも精神面でも大変…。働きながらパートナーを探している方も多いと思います。仕事しながら空いた時間で婚活するのも、ちょっと疲れてきますよね。

婚活は人と出会って関わりながら関係を築けるか判断するので、人の反応に振り回されたりもあると思います。相手がどう考えるかも大事なのですが、まず自分がどんな人と出会いたいかをなるべく明白にするといいですよ。

また、疲れたら必ずお休みを取ることです!疲れきったり迷っていると、出会いたくない人も近づいてくるので、まず自分の体と心にお休みを取ってあげてくださいね。

 

 

他にも婚活関連の体験記を書いています。よかったらご覧ください!

【婚活方法】街コン?アプリ?結婚相談所?(前半)
こんにちは! 今日は私が経験した婚活方法の話です。 「婚活って何から始めたらいいの!?」 「アプリとか相談所とか!?」 何から始めたらいいか分からない、気になるけど...
【婚活方法】街コン?アプリ?結婚相談所?(後半)
私が経験した婚活方法のご紹介、後半です。 4.婚活パーティー 5.知人友人の紹介、ご飯会 6.結婚相談所 私は後半戦の方で活動を頑張っていました。ひとつづつご紹介していきます!! 4.婚活パーティー 街中のビルなど...
【婚活】婚活をして結婚した話
私は26歳頃から婚活をはじめ、やっとこさ30歳半ばにて結婚しました。 上手く行くことの方が少ないという状況の中、年数はかかりましたが自分なりに活動を諦めないでよかったと心から思っています。 これから私が経験し...

 

 

 

 

ブログ村に参加しています。よろしければ応援をお願いします!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました