「車の運転こわい!」と思うこと【事故数】【周りの体験談】

ゆるい日常
スポンサーリンク

 

35歳で教習所に通っている私。自動車や交通マナーについて学校で勉強したり、日常生活の中で感じたことを今日は書きたいと思います。

「運転してる人、ちょいちょい交通マナー無視してない!?」
「自分のペースで運転しすぎているのでは…?」
「案外身近なところで事故は起こっている」

そんな小言です。今まで車生活と縁も薄く、交通マナーについて無知だった私が勉強し始めて感じたことです。普段車と触れ合う機会の多い方は「そんなの普通だよ」とおっしゃるかもしれませんが…。初心者なりに書かせてくださいね。

 

これから教習所に通う方にも、「こんなシーンがあるかも?」と知ってもらえたら嬉しいです。道路は危険がいっぱい。自動車免許は多くの人が修得し使いこなし生活していますが、普段慣れている人も改めて安全とは何かを考える必要があるなと思いました。
また、歩行者や自転車もきちんと交通ルールを守って、周囲をよく見ながら行動するもの事故を減らすことに繋がりますね。

 

 

スポンサーリンク

まず初めに。年間の交通事故数はどの位だと思いますか?

 

-令和元年-
死者数…3,215人
交通事故発生件数…381,237件
交通事故による負傷者数…461,775人

 

学校の学科授業で習いました。この数字、多いですか?少ないですか?これ、細かく割って計算してみると少し実感がわきます。

 

死者数3,215人÷12か月 = 1ヶ月267人 
交通事故発見数381,237件÷12か月 = 1ヶ月31,769件
負傷者数461,775人÷12か月 = 1ヶ月38,481人

ここ10年間で事故発生件数は減少はしているものの、平均すると1か月にこれだけの人が事故に合い、負傷し、死に至っています。

ちなみに、夕方〜夜がもっとも事故が発生しているそうです。日が落ちて薄暗くなる時間なので、視野が狭まるとのこと。また、昼間前後の時間はお年寄りと車の事故も増えているそうです。お年寄りは明るい時間帯に行動する傾向があるためです。

なので運転が不安な方は危ない道を通らずに、混み合う時間帯や夜の運転も避ける…。なかなか難しいですが、怖いことは最初からリスクを減らすのがいい。人の命がかかっていますので…。

 

 

事故は他人事か?いや、案外身近に起こっている…

 

自分は事故も起こさないし合わないよと思う方もいるかもしれません。私も以前は電車通勤で生活していたので、全然身近に感じませんでした。ですが意外に私の周りの友人・身内が事故に合っているんです。ちょっとピックアップしてみます。

 

-私の友人や身内が経験した事故-

  • 後ろからの追突事故
  • 交差点での接触事故
  • 駐車場での接触事故
  • ガードレールと接触
  • バイクでトラックと衝突
  • 原付バイクで野生動物と衝突

 

上記、ほぼ本人が原因ではありません。普段慣れた道で思わぬ瞬間に事故に合っています
皆、命までは奪われませんでしたが、意識不明になったり骨折して入院したり。
また事故相手が自分は悪くないとごねて保険処理がスムーズにいかず裁判にまでいたったケースも…。弁護士特約はつけておくと、いざという時に助けてもらえます。ちなみに無保険の人と事故になった場合は、自分が悪くなくても泣き寝入りのケースもあるようです…。保険加入は義務かと思っていたので驚きではありますが…。

 

運転者には3つの責任がある

 

アクセルとブレーキの踏み間違い、飲酒運転での事故もニュースでよく見ます。事故は他人事ではない。起こしてしまうのも、事故に巻き込まれることも。自分や家族の命、誰かの命、その人を大切に思う人の心情や生活に関わってきます。

車を運転する人すべてに3つの責任があります。安全に交通を行う義務があります。

  • 刑事上の責任…懲役、禁固、罰金など
  • 行政上の責任…免許の取り消し、停止など
  • 民事上の責任…損害賠償

 

事故は誰にでも起こりうることを忘れないようにして、安全運転を心掛けたいですね。

 

 

身近に感じた、怖いなと思う運転

 

  • 車線変更時に合図をしない
  • 急に車間距離を詰めてくる
  • そもそも車間距離近い
  • 相手自身が優先道路なのに道を譲ろうとする
  • こちらが優先なのに対向車が先に行く
  • 狭い一車線で中央を通り端に寄らない
  • 幅寄せしてくる
  • スピードが出すぎている
  • 高速でトラックが通せんぼしてくる
  • 見通し悪いのに減速しない

 

普段教習所に通ったり、家族の車に乗せてもらった時にあったことです。
一歩間違えば、タイミングが違えば、事故になりかねないですよね…。

自分の通勤路や生活圏でマイペースに運転しすぎてしまうと、こんな状況になるのかな…?車の多い地域でも、郊外でも見かけます。

 

 

運転するときに私はどう気をつける?

 

私も運転免許修得を目指す者として、気をつけなければならないと痛感しています。

運転するときには、こんなことを気をつけたらいいのかなと思っています。

  • 運転前に体調をチェック、車もチェックする
  • 車間距離はきちんと取る
  • 難しい道、危険な道は通らないようにする
  • 視野を広く遠く意識する
  • 歩行者の安全を守る
  • 夜の運転や長時間運転はなるべくしない
  • 早め早めの状況確認とブレーキ準備

赤字は特に私自身の性格や運転技術をふまえて、特に気をつけたいことです。あったりめーだよ!!と言われることではありますが…。家族に運転してもらう時も大事に覚えておきたいと思います。

 

 

さいごに 安全な運転者を目指してがんばります!

私は現在、仮免に受かったところ。これから路上練習メインになります。路上やっぱり怖い…。でも頑張って教習所に通います!安全運転ができる人になりたいです。

ブログを読んでくださった方、ありがとうございました。

 

 

 

参考↓ 日本政府の統計サイトで交通事故の詳細がみれます

道路の交通に関する統計 交通事故統計月報 月次 2021年5月 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口
 道路の交通に関する統計は、道路交通法第2条第1項第1号に規定する道路上において、車両、路面電車及び列車の交通によって起こされた人の死亡又は負傷を伴う事故を対象とし、全国の都道府県警察から報告された資料により作成した公的統計です。  本統計では、これらの事故や、それによる24時間以内死者、負傷者、30日以内死者の状況等...

 

 

 

この記事を書いた人
ぽん

30代ミドサー。人生ずっとアトピー。人生で一番頑張ったのは婚活。ずぼらでおおらかな性格。経験談や好きなものを自分の言葉で伝えたくてブログをやっています。

ぽんをフォローする

 

ブログ村に参加しています。よろしければポチっと応援をお願いします!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村

 

 

35歳主婦、教習所に通い始めました!
こんにちは、ぽんです。 春に職業訓練を卒業し、5月からパートで働きはじめました。そしてパートが終わったあとに教習所にも通い始めました! 今回は教習所選びから現在までの体験談と感想を書きたいと思います。これから教習...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました